コレクション: MHIエボX用

ランサーエボリューションX張セダン 新機能4 B 11 T 2.0 L(1999 cc)ターボチャージ、すべてのアルミニウムシュインインライン4 エンジン.パワーとトルクは市場によって異なりますが、すべてのバージョンは少なくとも280 Kps(206 KW、276キロ)を持ちます。(JDM版)、アメリカの市場版は、もう少し多くを持ちます。英国のモデルは、FQバッジを搭載した以前のMRの進化に従って三菱UKによって再加工される。英国の発展の選択肢は300馬力(220 kg)と360馬力(270キロ)であると予想される。

車の2つのバージョンは、6速ツインクラッチSportronic Shift Transmission(TC - SST)で、米国のランサーエボリューションMRで提供されます。もう一つのバージョンは、GSRです。車はまた、新しいフルタイム四輪駆動 システム名東電(スーパーオールホイール制御)、三菱の高度なバージョン京大原子炉 前代のシステム。S - AWCは、後部車輪に異なる量のトルクを送るためにトルクベクトル技術を使用します。