コレクション: トヨタ

トヨタ・ディーゼル:

大部分のトヨタ・ディーゼルは、転換目的のために外国から供給されなければなりません。転換において使われる最も一般のトヨタ・ディーゼルエンジンは、12HT、1HZ、1HDT、1HD-FTとコンピュータ制御の1HD-FTEである1986-流から提供される6つのシリンダー変形です。

12HT:2Hのturbo'dバージョン。素晴らしいエンジン、そして、全く強力な。非常に限られた生産は、1985-1989で動きます

1Hz:6本のシリンダー(自然に気音に発音される)。素晴らしいエンジン、そして、トヨタの第3の世界馬車馬エンジンとして見ます。動く生産:1990-流Thisエンジンは、アフターマーケット・ターボに非常によく取ります。

1HDT:1HZのturbo'dバージョン。80のシリーズ転換のための優れたエンジン。1990-1995から入手可能な

1HD-フィート:1HDTの24の弁バージョン。80のシリーズ転換のための優れたエンジン。1995-1997から入手可能な

1HD-FTE:コンピュータ制御のバージョン・トヨタの6台のシリンダー・ディーゼル。それは、1998年に始まりました。

トヨタ・ガソリン:

1JZ-GTE:第一世代の1JZ-GTEは、平行に配置されて、横の馬または前部マウント空撮のインタークーラーによって吹いているツインCT12Aターボチャージャーを使用します。後の第二世代のエンジンはこの問題を解決しておきました、そして、日本で、それが他の国に輸入される1JZsに申し込まないけれども、記憶力が実は、第一世代のエンジンを修理するためにありました。フィックスは単純で、PCV弁(2JZ)の置き換えを必要とします;各部は、トヨタを通して手に入ります。1JZ-GTEの第三世代は、トヨタのBEAMS建築で、まだ2.5リットルのターボとして、1996年ごろに、以外導入されました。これは調整された頭を含んで、新しく連続的に可変弁タイミング・メカニズム(VVT-i)を開発して、改善されたシリンダー冷却のために水ジャケットを修正して、減少したカム摩擦のために窒化チタン層で新しくシムを開発しました。ターボ・セットアップは、平行したツインターボ(CT12A x2)から一つのターボ(CT15B)に変わりました。