コレクション: カートリッジCHRA

ジャーナルベアリング CHRAで長年使用されており、360度のアキシャルベアリングと270度のアキシャルベアリングを含むいくつかのマイナーな改良とジャーナルベアリングの設計の改善を除いて、発明以来基本的に変更されていません。ジャーナルベアリングは、2つの異なるタイプのコンポーネントで構成されています。 「スラスト」ベアリングとして一般的に知られているラジアルベアリングとアキシャルベアリング。ジャーナルベアリングは、通常、真ちゅうまたはその他のやわらかい素材で製造されています。ジャーナルベアリングは、オイルに大きく依存して、ターボシャフトとベアリングの間に動的流体バリアを作成します。これが、ジャーナルベアリングターボチャージャーが作動していないときのラジアルシャフトの遊びが小さい理由です。ジャーナルベアリングは古い技術ですが、信頼性が高く、費用対効果が高く、簡単に再構築できます。ボールベアリング ターボチャージャーが機能する極端な条件のために、テクノロジーがターボチャージャー業界で最近注目を集めるようになりました。ボールベアリングシステムは、いくつかの理由により、通常、同等のジャーナルベアリングシステムよりも優れた性能を発揮します。ターボチャージャーの応答速度(ブーストを構築するのに必要な時間)は10〜15%向上し、シャフトダイナミクスコントロールの向上により耐久性も向上しています。制御の向上は、デザインの改善によるものです。ボールベアリングシステムは、2つのレース間にローラーまたはボールを備えたインナーレースとアウターレースを利用しています。内輪はターボシャフトに圧入され、外輪はCHRAに圧入されます。ローラーまたはボールは、ターボシャフトの向きを制御するオイルの「仕事」に取って代わりますが、それでも潤滑する必要があります。ただし、この改善された設計にはコストがかかります。ボールベアリングCHRAは、同等のジャーナルベアリングCHRAよりも15〜35%高価で、簡単に再構築できません。